健康

みらい 受診

未来の吐き気が止まらない。

今日で3日目。
近くの病院を受診。

7月24日
散歩後の朝食を食べない。
まぁいいよ。とフードは片付けミルクにした。
3口くらいなめただけでおしまい。
その後のレタス3枚は喜んで食べた。
その後嘔吐。

夕食も朝食と同じような感じ。

 
7月25日
朝夕食とも昨日と変わらず。

7月26日
ミルクは飲んだがやはり戻す。
昨日よりは戻し方が少ない。
この暑さ、脱水症が心配なので受診。

 

**結果**
 急性の胃腸炎では?
 点滴をしてもらい内服薬で様子を見る。

 

その後
 元気になりました。

|

らいちんの歯 2

らいちん1本抜歯。
下顎左3

6月に1本自然脱落したので
これで歯が2本無くなった。

お医者様の説明

下前歯はかなりぐらついている。
犬歯を守るために
すぐ横の歯(下3)は抜歯したほうが良い。
ほかの前歯は抜けてもそれほど困らないけど
犬歯を抜くことになると
顎がさがり、見かけもかなり変わる。
下3はちょっと引っ張れば抜けてしまう。
ここで炎症を起こしている。
それが犬歯にも影響していく。

確かにかなりのぐらつき。
さわるのをいやがり、歯みがきの時は大変。
腐敗臭に近い口臭も気になる。

で・・・決断。
抜歯してもらった。
麻酔なしで・・・・。

抗生物質の内服。

**その後
  確かに口臭は格段に減った。
  あの腐敗臭のような口臭はない。

|

らいちんの歯 1

もともとかなりぐらついていたらいちんの前歯

本日脱落!

下顎右1

午前中の散歩から帰ってきて
がんばったねぇ、とクッキーを1つ。

その時「キャン」と一声。
どうしたの?とみたけれど、
クッキーを食べている。
ちょっとぶつかったのかな?とそのままに。

そのあと、掃除機をかけていたら
あれ?
何かを吸い込んだけど・・・・
あの形は???

掃除機のゴミパックを開けて確認。
出てきた。
 「歯」

らいちんの口の中を確認すると、無い!

多分クッキーを食べたときに
抜け落ちてしまったのだろう。

午後受診。
抗生物質を飲むことに。

かなりぐらついていた歯なので
抜けたほうがらいちん的には痛くないかも。
多分根元で折れていたのかもれない。

|

そらっち 受診

昨日からなんとなく不調気味のそらっち。

ご飯を食べない。
体調を崩すと全く食べなくなるそら。

夕飯も食べず、ミルクを少しなめただけ。

そうこうするうちに吐き始めた。
3回目に吐いたものが鮮血。

近くの病院でみてもらう。

血液検査 エコー等の検査

結果は
何回か吐いたせいで食道に傷がついたのでは?
ということ。

点滴と注射内服薬で様子を見る。

**その後
     吐き気も収まり元気になり再診もせず。

|

その後・・・・

硝子体変性。
そらの網膜剥離の原因。

硝子体変性の原因は??
「犬種の特性」・・・・・!!!!

イタグレには多く発生するとのこと。
マルチーズやパグなど目が大きく
やや出ているような犬種に多いという。

白内障が原因することも多いと。
水晶体が変性し硝子体内に漏れ出して
変性(液化や線維化)をおこしてしまう。
そもそも網膜は眼底に張り付いているもの
ではなく硝子体と言われるゼリー状のものに
よって眼底に押さえつけているもの。
ゼリーが変性すると押さえる力がなくなって
画鋲がはずれ紙がはがれるようにはがれてしまう。
そうなったのが網膜剥離。
眼に強い力がかかってはがれたり
やぶれたりする網膜剥離もある。

硝子体変性の予防は?
ありません。。。。とのこと。sweat02

12月11日(月)
網膜修復手術のお断わりとともに
「右目の網膜固定術」の依頼をした。
硝子体変性による網膜剥離が
犬種の特性によるものなら右目も
いつ網膜剥離をおこしてもおかしくない。
左目がだめなら右目を少しでも
長く守ってあげたい。。。。
Dscf8927

「網膜固定術」
網膜がはがれてこないように
レーザーで眼底に焼き付ける手術。
白内障や硝子体変性は予防できないが
網膜剥離の予防にはなる。
全身麻酔をかけなければならないが
そのほかのリスクはほとんどないとのこと。
12月21日に施術予約。

 

12月21日(金)
Dscf8915

 

「網膜固定術」
施術日
もちろん絶食。

術前から
麻酔覚醒まで
5時間くらい
とのこと。

 

 

 

11時にそらを預ける。
らいちんとともに病院周辺をひたすら散歩。

途中白山神社付近のカフェでランチ。
Dscf8925
Cafe Volare
テラス席のみ。

でも、しっかり
ビニール囲い。
ストーブ3つも
つけてくれて
全然寒くない。

ランチは
ドリンク付き
セットのパスタ。
おいしかったし
リーズナブル。
  

 

 

 

「麻酔から覚めましたよ。」 
3時半。思いがけず予定より早く連絡が。

「良かった・・・・」
麻酔から無事覚めてくれた・・・・。

3時45分そらを受け取る。
「手術はうまくいきました。」
「どの部分にレーザーを打ったんですか?」
「視神経と反射板を避けて眼球を1周。」
「何点くらい打ったんですか?」
「600本くらいです。」
「600本ですか!?
「この後自宅での生活は?」
「ふつうでいいです。3日くらいで固まるので
それまではおとなしくして。」
「散歩とかランとかは?」
「ディスクとかしないでしょ?大丈夫ですよ。」

なんと、普通生活解禁のお許しが。
散歩とかは軽く行ってたけど。。。。

左目の様子を聞く。
写真はまだ眼球内が赤く写っている。
でも新たな出血ではなく、残っているもの。
かなり改善されていた。
ステロイド剤はなくなった。

右目の抗生剤と目薬が処方された。

 

12月29日(土)
2週間後検診。
右目 きれいに固定されている。
左目 出血あともほとんどなくなり普通の目の色に。
そのぶん眼底がきれいにみえる。
「これがはがれた網膜ですね。
手前に半分に折れ曲がっています。」

内服薬はなし。
目薬は残っているものを使い切ったら終了。

 

2月23日(土)
術後2か月検診
網膜剥離後約3か月の検診

「症状は落ち着いています。
現時点でこれ以上することはありません。
左目には反射がありませんから
見えていないでしょう。
今後なにかおかしな症状が出たら
早めに受診してください。」

そらの戦いは今日で小休止です。
Dscf8907

そらっち 気が付いてあげられなくて
ごめんね。
左目の光 取り戻してあげられなくて
ごめんね。

君がいつもと同じように生活してくれているのが
せめてもの救いです。

|

それは突然に・・・・

それは突然でした。

そらが左目の視力を失いました。
Dscf8929

「硝子体変性による網膜剥離」

そらについた病名です。

 

今日の検診でとりあえず小康状態ということで
通院が終わりました。

12月3日(日)
朝ご飯をあげようとしたとき
カウンター越しに覗き込んできたそらの目。
「あれ、やけに目が小さくてしょぼしょぼした感じ。
ゴミでも入った?」
見たけれど特におかしいとも思えず
「今日予防接種に行くからその時にみてもらおう。」
とそのまま様子を見ることに。

午前中用事があったため、午後受診。
「目がちょっとおかしいんです。」
どれどれと眼の中を覗き込んだDR.
「明日すぐに専門医に!」

眼圧が通常の4倍。
眼球内に出血。
血液で眼底が見えない状態。

眼圧の上昇で痛みがあり
眼を開けたくないため、半眼状態になるとのこと。
ステロイドの注射と内服薬と
目薬の応急処置をしてもらい帰宅。

なんで? 朝気が付いていたのに 
なんでもっと早く受診させなかったんだろう。
いつから? 
いったいいつからこうなっていたのか。
どうして?
気が付かないうちにぶつけた?

様々な思いが頭の中を交錯する。
左目はまぶしそうな動きをさせているけれど
救いはそらが元気なこと。
食欲も動きも普段と変わらない。

12月4日(月)
朝1番で眼科専門病院受診。
いろいろな検査の結果
「眼房内出血」という診断。
眼球内の出血が多すぎて眼球内の様子が不明。
ただ、昨日の処置のおかげで
眼圧は正常に戻っていた。
眼の様子も外見上の異常は見られない。

処置はステロイドの点滴と内服薬と点眼薬。
点滴を3日は続けたいとのこと。
この病院に通うのはちょっと厳しいので
明日明後日は主治医でしてもらうことにした。
  

12月5日(火)12月6日(水)
ステロイド剤の点滴と点眼。
12月7日(木)以降は内服薬と点眼。
ステロイドの副反応?
食欲増進と多飲。
とにかく普段ほとんど飲まない水をガブガブ。
それ以外は元気。
Dscf8891

出来るかな?と心配した点眼も
さして嫌がらずにやらせてくれるし
薬もご飯と一緒にちゃんと飲んで(食べて?)くれる。

点滴時にはかってもらった眼圧も正常。
眼圧が上がることがそらにとって
つらいことだそうなので少し安心。




 


12月9日(土)

再診。
眼球内の血液がかなり減少。
この時点で
「硝子体変性による網膜剥離」の診断。
「左目は見えていないでしょう」
・・・・・ため息と後悔。

治療についての説明。
はがれた網膜を修復する手術。
出来る病院は、日本で2件らしい。
ここと、北海道(らしい。)

何事もなければ視力を取り戻す確率40%。
網膜が剥離して、時間がたちすぎていると
確率はもっと下がる。
手術途中に出血等のアクシデントがあると
手術は中止。
いずれも、開けてみなければわからないとのこと。
犬の目は人間と違ってメスを入れると
炎症を起こしやすくなり
また緑内障の発生率もあがることがある。
1週間の入院とその後の安静も必要。

あまりのリスクの大きさに
「お願いします。」と即答できない。
「考えさせてください。」と帰宅。

点眼と内服薬はもうしばらく続ける。

12月11日(月)
網膜剥離修復のための手術は
受けないことにした。

そらの左目の視力は失われた。

|

筋肉痛?

お医者さんに行きました…・

そらっちが
「ひ~~ん ひ~~~ん」ないてる。
抱き上げようとすると
「キャイ~~ン!!」と泣く。。。。

原因は・・・・たぶん・・・・・・

そらっちがフリースかけて寝ているところに、
らいちんがダイブしたから・・・かな???

とにかく、2日たってもまだ、きゃい~~んが
おさまらないので、念のために受診することにしました。

思ったほど混んではいなかったものの
当然ながら、1時間待ち・・・。

新しくなっていた病院のテラス。

Img_0462Img_0467
テラスへ行く通路も整備されていました。

 

受診の結果、「筋肉痛?でしょうか?」
(きっと、打撲による痛みですよね…。)
多少ひょこたん歩きだけれど、
骨に異常はなさそうです。とのこと。
痛み止め飲んで、まだだめなら
写真を撮ることになるようです。

ちょっと安心。
まぁ、いつものアピールかな?とは
思っていましたけどね…。

薬をもらうのにも、待たされました。

「お母さん、まだですか・・・。
早く帰ろうよ。。。。」
Img_0469

 

ランチは「グリーンダイニングで」
Img_0473Img_0475






Img_0474
先週のランチが
衝撃的だったので、
とても普通に
みえました。
おいしかったですよ。

 

ハロゥインとかで、仮装した写真を
撮ってくれたのだけれど
我が家には、データなしweep

 

本当は病院の近くにワンOKのカフェを
リサーチして行ったんだけど・・・
なぜか、準備中catface
営業時間も調べていったのに。。。なぜ???

最近の我が家、カフェにはついていません!!
完璧に嫌われています。(´・ω・`)ショボーン

|

褒められたぁ。 (*゚▽゚)ノ

1か月前の歯科検診で
「これじゃぁ、だめですよ!」と
ガッツリ怒られてしまった両親・・・・。

「1か月後に見せてください。」と
申し渡されたので、行ってきました。

駒沢公園そばで。
公園の木が先日の台風でしょう、きっと。
倒れて、コーンでかこってありましたImg_0340

 

ランチは、カフェ アンディで。
Img_0342

 

ランチにおつき合いいただいた、グラビス家。
ありがとうございました。
Img_0346

 

歯のほうは、
「おっ、いいじゃないですか。。。
下の歯に、黒い毛がからまってるね。
これは、自分ではなかなか取れないよ。
ここが少し炎症をおこしているね。」

ということで、お掃除をしてもらい
きれいになりました。

この間怒られた後、泣き叫ぶのを
ガシッと押さえて、歯みがきしたんだもんね。
2日続けたら、悲鳴を上げなくなったらいちん。
やっぱりあの悲鳴は、演技半分入っていたねpout

しかし・・・・・
今後、成長しても
自分で、歯みがきができないわけだから
母ががんばって、みがくしかないというわけだぁ。

がんばろう。。。catface

| | コメント (2)

駒沢公園

3月で~す。
暖かくなってきました。。。

駒沢公園でお散歩。
R0011283

梅が満開cherryblossom
R0011266
R0011269
R0011270

日向ぼっこしながら、のんびりしている人や
走っている人。
サイクリングしている人などなど、いっぱいbicycle

   
昔、グレイハウンドを飼っていたという
上品な方から、イイコしてもらって
ご満悦なそらっち。
R0011273

今日は、らいちんの歯科検診にいってきました。
したの前歯の歯みがきをすると、悲鳴をあげるらいちん。
歯が痛いのか?
何かできてる?
ビミョーにお口もクチャイ bearing
心配なので受診。

お医者さんに触られても、何も言わないらいちん。
お医者さんの前では、
私がさわっても悲鳴なんかあげないらいちん。wobbly
なんなんだよ~~~!!!
母をなめてるな~pout

受診の結果、歯の隙間に毛がからまっている。
これは、自分ではとれないし、自宅でも難しいでしょう。
その結果、歯肉炎になっている。とのこと。
しっかりきれいにしてもらいました。

結論:気になったら受診してください!だって。

行きますよ!気になるから・・・catface
次は5月かな。。。。

|

パンケーキ

本日の予定。

東扇島で遊んで
モトヤパンケーキでランチ。
そして、そらたちのフィラリアのお薬をもらって帰る。
                        以上

   
で、東扇島。
あまり変わり映えのしない行動。

ちょっと遊んだ後は、まったり・・・・・

らいちん ボストンテリア君に追いかけられて
走るも、スタミナ不足でリタイア。
Img_8478

母の足元から動きません。
Img_8515

  
そらっち 久々にイタさんと遊びました。
Img_8497
Img_8516
Img_8519

   
でも、どうも積極的になれなかったらしく・・・・・・
Img_8530
「おかぁ~~~さ~~~ん」

それでも、2時間近くお日様を浴びてビタミンDの摂取。

   

ランチタイムになったので、モトヤまで。
いつも混んでるこのお店。
本日は5組待ち。

テラスの風が心地良い季節になりましたよ~~。       
Img_8588

スパイシーオムレツパンケーキ
Img_8597

アボガドサラダパンケーキ
Img_8599

直径15cmくらいのパンケーキ3枚。
最初の2枚は主食としてバターで。
最後の1枚はデザートとしてシロップで。。。
う~~ん おなかいっぱい!! 満足! delicious

   
最後の予定。フィラリアのお薬もらいに病院にいきましょ。
フィラリアの検査は血液採取。
注射ですわね。
まぁ、ガマンの子だからね!

陰性でした。
ついでに耳の掃除もしてもらって
7か月分のお薬もらって、
またまた、疲れてしまった母です。。。。

でも、もうモスキート警報はでているからね。
気をつけないとね。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

いきさつ | ドッグカフェ | ドッグラン | 健康 | 旅行 | 日常