« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

吾妻山公園

またまた突然朝ごはん食べてるとき。。。。。

「さられん家 菜の花見に行ったらしいよ。」
「お天気もよさそうだから 行ってみようか。」と
出かけたところが「吾妻山公園」

 

駐車場に車おいて歩き始めてすぐの交差点に
なぁ~~んと満開の菜の花がいっぱい。
Dscf9070_3

「これでいいんじゃない?」
「十分だよね。」
「吾妻山って、山昇るんだよね。」
  ・
  ・
なんて、ダラダラな会話をしつつ
道行く人に呆れ顔で見られながらの写真撮影。

せっかく1日分の駐車料金払っちゃたので
とりあえず、初志貫徹。
公園をめざします。

公園の入り口までは車道のわきを歩き
そのあとは、こんな山道。
Dscf9082

頂上近くなると林の木々の間から富士山が。
俄然テンションアップ。upup
   
着いたところでいきなりテンションダウン。downdown

Dscf9116
しっかし・・・・? どこからが広場だぁ??

「ここは道だよね?」と言いつつひらけたところが・・・
Dscf9088

わぁ~~カンドー! q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p
Dscf9089

眼下に湘南の街。
Img_1924

そして湘南の海。
Img_1889

そんなに広い菜の花畑ではないけれど。。。
すてきsign03
Img_1895

イケメンぶりが一段とあがったでしょ。
Img_1879

 

黄色い菜の花と
白い富士山と
キラキラの海の
コラボレーションをしばし観賞し
自然の美しさにひたっておりました。

「下の交差点で挫折しないでよかった・・・・」

帰りは、来た時とは違う道から。。。

おや、水仙さんじゃございませんか。
Img_1925

場所はちがうけれど、プチリベンジができましたよ。

そして、お約束の・・・・
Dscf9125 Dscf9126

 

秦野ICの近くで見つけた
我が家御用達のブルックスの工場。
ショップが併設されていて
挽きたて淹れたてのコーヒーが
小さなお菓子付き200円で飲めます。
R0012256

そして、なんと店内には足湯がspa
足湯につかりながら
おいしいコーヒーを飲めるなんて優雅。
R0012254

聞かなかったけれどきっとワンNGでしょうから
我が家はスルーです。
温泉だったかどうかは・・・???です。

 

そして、遅めのランチ。
寒川の「mokiti」さん。

テラス席ワンOK
R0012273

まだテラス席は寒い!。
だれだ!! テラス席に風よけビニールが
張ってあるっていったのは??
ごめんなさい、私です。m(_ _)m
茅ヶ崎のmokitiさんは張ってあるって聞いたから・・・

まぁ、きちゃったんだからいただきましょう
R0012266 R0012267
R0012270 R0012272

リゾットとパスタとデザート。
おいしかったですよ。

そ・ら兄弟はいい子でおひざ。
R0012259
R0012257

 

寒川神社で初宮参りなのでしょうか。
赤ちゃん連れの団体さんがたくさんきてました。

思いがけず出かけた吾妻山公園。
いいところでした。

|

その後・・・・

硝子体変性。
そらの網膜剥離の原因。

硝子体変性の原因は??
「犬種の特性」・・・・・!!!!

イタグレには多く発生するとのこと。
マルチーズやパグなど目が大きく
やや出ているような犬種に多いという。

白内障が原因することも多いと。
水晶体が変性し硝子体内に漏れ出して
変性(液化や線維化)をおこしてしまう。
そもそも網膜は眼底に張り付いているもの
ではなく硝子体と言われるゼリー状のものに
よって眼底に押さえつけているもの。
ゼリーが変性すると押さえる力がなくなって
画鋲がはずれ紙がはがれるようにはがれてしまう。
そうなったのが網膜剥離。
眼に強い力がかかってはがれたり
やぶれたりする網膜剥離もある。

硝子体変性の予防は?
ありません。。。。とのこと。sweat02

12月11日(月)
網膜修復手術のお断わりとともに
「右目の網膜固定術」の依頼をした。
硝子体変性による網膜剥離が
犬種の特性によるものなら右目も
いつ網膜剥離をおこしてもおかしくない。
左目がだめなら右目を少しでも
長く守ってあげたい。。。。
Dscf8927

「網膜固定術」
網膜がはがれてこないように
レーザーで眼底に焼き付ける手術。
白内障や硝子体変性は予防できないが
網膜剥離の予防にはなる。
全身麻酔をかけなければならないが
そのほかのリスクはほとんどないとのこと。
12月21日に施術予約。

 

12月21日(金)
Dscf8915

 

「網膜固定術」
施術日
もちろん絶食。

術前から
麻酔覚醒まで
5時間くらい
とのこと。

 

 

 

11時にそらを預ける。
らいちんとともに病院周辺をひたすら散歩。

途中白山神社付近のカフェでランチ。
Dscf8925
Cafe Volare
テラス席のみ。

でも、しっかり
ビニール囲い。
ストーブ3つも
つけてくれて
全然寒くない。

ランチは
ドリンク付き
セットのパスタ。
おいしかったし
リーズナブル。
  

 

 

 

「麻酔から覚めましたよ。」 
3時半。思いがけず予定より早く連絡が。

「良かった・・・・」
麻酔から無事覚めてくれた・・・・。

3時45分そらを受け取る。
「手術はうまくいきました。」
「どの部分にレーザーを打ったんですか?」
「視神経と反射板を避けて眼球を1周。」
「何点くらい打ったんですか?」
「600本くらいです。」
「600本ですか!?
「この後自宅での生活は?」
「ふつうでいいです。3日くらいで固まるので
それまではおとなしくして。」
「散歩とかランとかは?」
「ディスクとかしないでしょ?大丈夫ですよ。」

なんと、普通生活解禁のお許しが。
散歩とかは軽く行ってたけど。。。。

左目の様子を聞く。
写真はまだ眼球内が赤く写っている。
でも新たな出血ではなく、残っているもの。
かなり改善されていた。
ステロイド剤はなくなった。

右目の抗生剤と目薬が処方された。

 

12月29日(土)
2週間後検診。
右目 きれいに固定されている。
左目 出血あともほとんどなくなり普通の目の色に。
そのぶん眼底がきれいにみえる。
「これがはがれた網膜ですね。
手前に半分に折れ曲がっています。」

内服薬はなし。
目薬は残っているものを使い切ったら終了。

 

2月23日(土)
術後2か月検診
網膜剥離後約3か月の検診

「症状は落ち着いています。
現時点でこれ以上することはありません。
左目には反射がありませんから
見えていないでしょう。
今後なにかおかしな症状が出たら
早めに受診してください。」

そらの戦いは今日で小休止です。
Dscf8907

そらっち 気が付いてあげられなくて
ごめんね。
左目の光 取り戻してあげられなくて
ごめんね。

君がいつもと同じように生活してくれているのが
せめてもの救いです。

|

それは突然に・・・・

それは突然でした。

そらが左目の視力を失いました。
Dscf8929

「硝子体変性による網膜剥離」

そらについた病名です。

 

今日の検診でとりあえず小康状態ということで
通院が終わりました。

12月3日(日)
朝ご飯をあげようとしたとき
カウンター越しに覗き込んできたそらの目。
「あれ、やけに目が小さくてしょぼしょぼした感じ。
ゴミでも入った?」
見たけれど特におかしいとも思えず
「今日予防接種に行くからその時にみてもらおう。」
とそのまま様子を見ることに。

午前中用事があったため、午後受診。
「目がちょっとおかしいんです。」
どれどれと眼の中を覗き込んだDR.
「明日すぐに専門医に!」

眼圧が通常の4倍。
眼球内に出血。
血液で眼底が見えない状態。

眼圧の上昇で痛みがあり
眼を開けたくないため、半眼状態になるとのこと。
ステロイドの注射と内服薬と
目薬の応急処置をしてもらい帰宅。

なんで? 朝気が付いていたのに 
なんでもっと早く受診させなかったんだろう。
いつから? 
いったいいつからこうなっていたのか。
どうして?
気が付かないうちにぶつけた?

様々な思いが頭の中を交錯する。
左目はまぶしそうな動きをさせているけれど
救いはそらが元気なこと。
食欲も動きも普段と変わらない。

12月4日(月)
朝1番で眼科専門病院受診。
いろいろな検査の結果
「眼房内出血」という診断。
眼球内の出血が多すぎて眼球内の様子が不明。
ただ、昨日の処置のおかげで
眼圧は正常に戻っていた。
眼の様子も外見上の異常は見られない。

処置はステロイドの点滴と内服薬と点眼薬。
点滴を3日は続けたいとのこと。
この病院に通うのはちょっと厳しいので
明日明後日は主治医でしてもらうことにした。
  

12月5日(火)12月6日(水)
ステロイド剤の点滴と点眼。
12月7日(木)以降は内服薬と点眼。
ステロイドの副反応?
食欲増進と多飲。
とにかく普段ほとんど飲まない水をガブガブ。
それ以外は元気。
Dscf8891

出来るかな?と心配した点眼も
さして嫌がらずにやらせてくれるし
薬もご飯と一緒にちゃんと飲んで(食べて?)くれる。

点滴時にはかってもらった眼圧も正常。
眼圧が上がることがそらにとって
つらいことだそうなので少し安心。




 


12月9日(土)

再診。
眼球内の血液がかなり減少。
この時点で
「硝子体変性による網膜剥離」の診断。
「左目は見えていないでしょう」
・・・・・ため息と後悔。

治療についての説明。
はがれた網膜を修復する手術。
出来る病院は、日本で2件らしい。
ここと、北海道(らしい。)

何事もなければ視力を取り戻す確率40%。
網膜が剥離して、時間がたちすぎていると
確率はもっと下がる。
手術途中に出血等のアクシデントがあると
手術は中止。
いずれも、開けてみなければわからないとのこと。
犬の目は人間と違ってメスを入れると
炎症を起こしやすくなり
また緑内障の発生率もあがることがある。
1週間の入院とその後の安静も必要。

あまりのリスクの大きさに
「お願いします。」と即答できない。
「考えさせてください。」と帰宅。

点眼と内服薬はもうしばらく続ける。

12月11日(月)
網膜剥離修復のための手術は
受けないことにした。

そらの左目の視力は失われた。

|

ランチetc.

R0012205きょうは
そらっちの
受診日。

ランチを
cototoiさんで
いただきました。

前回と同じものを
オーダー。
同じように
おいしかったです。

R0012213

自然光がいっぱいの中の電燈の光と影、
なんか、いい雰囲気なお店です。

 

こんな神社発見。
R0012219
s「いきなり階段ですか・・・」
r「ほ~~んと、お母さんは階段が好きだよね…・」

 

北野神社 牛天神
R0012222
R0012227
こんな石の牛さんがおりました。
「紅梅祭り」の最終日だったらしいのですが
梅は満開にはちょっと早かったみたいですね。

 

帰りには
新横浜ドッグラン。
着いたのが3時半。
利用時間は4時までだって!!coldsweats02

ほら~~!!あなたたち!!
30分しっかり遊びなさいよ~~!!
R0012242
R0012245
R0012249

なんだかなぁ。におい収集にいそしんでるだけ~?

まぁ、いいか。。。
寒くなってきたし。。。。

|

春はまだ遠いかしら?

梅の開花具合を見に行きました。
Dscf9053
Dscf9054

先週よりは咲いているけれど
満開にはほど遠いですね。

「梅の花まつり」は先週終わっちゃたけど
来週でも、お祭りほどには咲かないかも・・・。

「コゲラ」と「アカハラ」をフォトできました。
Dscf9057 Dscf9060
 

 

春はまだ遠いところにいるようです。
R0012174

|

挫折・・・・o(__)o~† パタッ

鋸南の「水仙」を見に行こう!!と
朝食の時の突然思い立って出かけた。

「出発は9時ね。」と言いながら
9時半スタート。

12時。
着いたところは…・
君津の「房総四季の蔵」

ため息しか出ない渋滞に巻き込まれ・・・・
情けなくもあえなく挫折sweat01
このまま渋滞の中にいたら
多分1時間たっても到着できないっぽい。
と、判断し水仙は、。あきらめた。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

Uターンするために降りたところにあった
ドライブイン・・・・?
Img_1664

 

なんですかねこれは?
干物をつくっているのさ
Img_1666

 

ふかしイモをお買い上げ。
Img_1673
Img_1681
Img_1684

おいしいお芋だったね。delicious

広くてなかなかいいところだったね。
テラス席もたくさんあったし。。。。
再チャレンジの時に、また来よう!!
来年だけどね。wink

テキトーに軽く食べて帰路へ。

車中
「この子達かわいそうだったね。
ドッグラン寄ろうか・・・」

とまたまた突然に「東扇島」で途中下車。
行くときには2時間。
帰りは30分で到着だわさ・・・coldsweats02

と~っても良いお天気。
Img_1703

 

お天気はよかったけれど、時々冷たい風がふいて
お狐さんになる らいちん。
Img_1692

 

そらっちはそこそこ、遊んでくれる子がいて
嬉しそうに走ってたね。
Img_1688
Img_1695

 

1時間ほど遊んで帰ることに。
公園を少し散歩して再びランの近くを通ると…
あれ!!?? あのイタさんは・・・・

もしや? やっぱり!!
グラビス君 (;^_^ A
Img_1714

 

我が家が帰る頃に決まっておいでになるグラビス家。
まぁ・・・・
グラビス家が来るころに帰ろうとする
我が家でございますが・・・・・
グラビス家との出会いは
運命としか言いようがありません。coldsweats01

 

せっかくなので再入場。
Img_1727
Img_1731
Img_1750

 

ももくんというイタグレ君もやってきて
らいちんも、ターゲットを見つけ
楽しい時間が過ごせたね。

ちと、お疲れ気味の我が家。
お先に失礼してしまったけれど
今度はもっとたくさん遊びたいものですね。

|

どこかで・・・

どこ~かで春がうまれ~てる~notes

そうですよ。
梅のつぼみが…
Dscf9028

ふくらんで咲いています。。。
Dscf9032

蠟梅もこんなに・・・
Dscf9034

馬酔木もつぼみをもっていました。。。。
Dscf9042

わぉっ!! 見たくない春も・・・・shock
Dscf9035

 

節分 立春前日。 暖かい日。
ほんとに今すぐ春になっちゃいそうな陽気でした。

そ・らたちとロング散歩に出かけた私。
みんなで、たくさん春をみつけました。

S「お母さん。 こういう道はきらいです。。。」
Dscf9038
Dscf9039

 

そうなんです。
そらっちはこういう砂利道はきらいです。
Dscf9040
足の裏が痛いのでしょうかね?
母「やわに育ててしまった・・・・coldsweats02

おうちに帰ってきて、ミニミニ春を見つけました。
水仙の芽。
Dscf9043

我が家の猫の額のお庭の片隅。
な~~~んにも世話してないのに、毎年咲いてくれます。
けな気です。
今年もよろしくね

|

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »