« 昇仙峡 | トップページ | ルアーコーシング in 東扇島 »

ヒガンバナ

  「ヒガンバナ」
道端などに群生し、9月中旬に赤い花をつけるが、稀に白いものもある。
生長の仕方は独特で、夏の終わりから秋の初めにかけて、高さ30~50cmの花茎が葉のない状態で地上に突出し、その先端に5~7個前後の花がつく。
開花後、長さ30~50cmの線形の細い葉を出すが、翌春になると葉は枯れてしまい、秋が近づくまで地表には何も生えてこない。開花期には葉がなく、葉があるときは花がない。
日本に存在するヒガンバナは全て遺伝的に同一であり、三倍体である。
故に、雄株、雌株の区別が無く種子で増えることができない。(遺伝子的には雌株である)米作とともに、中国から伝わった1株の球根から日本各地に株分けの形で広まったと考えられる。
異名が多く、死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)、剃刀花(かみそりばな)、狐花(きつねばな)、捨子花(すてごばな)、はっかけばばあと呼んで、日本では不吉であると忌み嫌われることもある。
また、韓国では彼岸花のことを「相思華」ともいう。
これは彼岸花が花と葉が同時に出ることはないから「葉は花を思い、花は葉を思う」という意味である。
全草有毒で、特に鱗茎にアルカロイド(リコリン)を多く含む有毒植物。
誤食した場合は吐き気や下痢、ひどい場合には中枢神経の麻痺を起こして死にいたる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
とまぁ、前置きが長くなってしまいましたが、チョット調べてみたら、なかなか面白いデータがでてきました。しかし。「死人花」とは・・・・。。。

とりあえず・・・・彼岸花・・・・
Dsc05737
Dsc05773
Dsc05828
Dsc05778_3

   
伊勢原の日向薬師周辺の彼岸花の自生地散策・・・・。。。。
ここは、たんぼのあぜ道とか土手とかに自生している
彼岸花が100万本とか・・・。
Dsc05708

刈り取った稲を運んでいる人もいます。
収穫の季節なんですね。
Dscf0099
Dsc05757

    
無粋なトラロープが・・・。
写真を撮るために
あぜ道や田んぼに入り込む人がいるらしいcatface
Dsc05731

そらっち&らいちんは、大興奮!!
彼岸花には見向きもせず・・・・
あぜ道の 「み・み・ず!!」です!!
Dsc05719

    
「秋」
Dsc05865

   
Dsc05868_2 小さな祠

彼岸花って
こんな雰囲気。

    

   

   

   

   

    

 
白い彼岸花。 
Dscf0171

   
そらっち&らいちん&彼岸花
Dsc05764
Dsc05813_2
Dsc05860
牛さんに釘付けのらいちん・・・。

   
カメラの講習会に来ていたチョット年配の方々。
「あら!かわいい。撮らせてもらっていいですか?」
そ・らたち モデルやっちゃいました~。
Dsc05882
皆さん、すごいカメラお持ちでしたよ。 

Dscf0176_2

散策の最後は、
やっぱり
日向薬師さんでしょう。

こんな階段が
入り口。
さぁ、行くわよ!!

   

   

  
立派な山門。
Dscf0179
ここは、終点ではありませんでした。coldsweats02

山門の先は ↓こんな道や  ↓こんな階段や・・・   
Dscf0181_2 Dscf0182_2
Dscf0184_4

またまた
こんな

階段を
登って
行くんです。

   

   

   
着きました、本堂です。
Dscf0185

帰ってきて、調べてみるとなかなか由緒あるお寺のようで。。。
霊亀2年(716年) 行基 の開山。
明治の廃仏毀釈でかなり壊されたとか。
歴史で習ったような単語が出てきましたよ。

ちょっと、天気が良すぎたけど
渋滞も避けられて、
充実の1日でした。

|

« 昇仙峡 | トップページ | ルアーコーシング in 東扇島 »

「旅行」カテゴリの記事

コメント

☆はる&心ママさま
彼岸花、そちらでも真っ盛り?
季節のずれは、ないんだね。
やっぱり「彼岸」花なのね。
そうね、「かわいい!」って言われればうれしいわよね。
そ・らたちは「ほそっ!!」とか「やせっぽち!」とか
いわれることが多いから・・・。
でも、あのすごいデジイチ7~8台に囲まれると
どうしようか・・・て感じ。
マネージャーにはなれそうにないね。。。

投稿: そらはは | 2009年9月22日 (火) 22:07

ホント!只今彼岸花 真っ盛りきれいだよね^-^
写真もきれい!食事も美味しそう(o^-^o)
しっかりモデルしてるし~でもチョット嬉しかったりするよね「かわいい~」って言われればなおさら「親ばか」だもんね○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

投稿: はる&心 | 2009年9月22日 (火) 07:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66716/31450934

この記事へのトラックバック一覧です: ヒガンバナ:

« 昇仙峡 | トップページ | ルアーコーシング in 東扇島 »