« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

RIO ~リーオ~

ー2日目ー

rainかもしれないとおもっていたのが、ラッキーなことにcloud

「長野まで20kmだって。小布施に行きたいんだけど。」
突然の提案  (・_・)エッ....?
「小布施」って、なにがあるの?
「栗鹿の子」しか知らないし・・・。
リサーチしてないし・・・。

ということで、一口知識。。。
「小布施は観光用に作られた街ではありません。伝統的に生産されて来た栗菓子製造などの産業や、育まれ継承されてきた独自の文化は、そのまま現在の街に自然と溶け込み活かされています。小布施において「文化」とは過去のものではなく現在そのものです。
住む人も訪れる人も幸せになれる町づくりのために様々な取り組みがなされています。たとえば「オープンガーデン」。住む人が心を込めてつくった自宅の庭をも来訪者に公開し、楽しんでもらおうという試みです。これは町内全域にくまなく広がり、小布施が「花のまち」として呼ばれるまでにもなりました。 」

ほんの一角だけかもしれないけれど、こんな町並みが。。。
Dsc04014
Dsc04006

ここは、公開されているお庭。
ペットダメとは、書いてなかったけれど、一応遠慮。
Dscf0050

Dscf0046_3

「栗の小道」といわれる、栗の間伐材をしきつめた、小道。そんなに長くはないけど、いい雰囲気を出している。右のガラスの建物は、高級和菓子屋サンの「小布施堂」のレストラン。この先にテラス席があって、ワンOKらしいですよ。
   

   

   

  

我家は店先に置かれたテラスで、
「栗のアイスクリーム」を賞味。
「ざんねん!! 君たちにはあげないよ!。」
Dsc04020

Dsc04065_2 白根山の湯釜。
「白根山は、標高2161mの活火山で、山頂の火口湖が湯釜で、直径300m、水深30mで美しいエメラルドグリーンの火口湖を静かにたたえている。湯釜は世界一の酸性湖でPH1,2の濃度で魚も住めないほどの強度の酸性湖。」
   
   
「登り20分 下り10分」登ってきましたよ。
    
    
   
   
弓池を望む。
なかなか良い風景だったけど、そ・らたちをいれようとすると・・・むずかしい。
Dsc04086

    
多分、そ・らたちは、楽勝。
私たちは・・・・、けっこう、きつかった。。。な。
Dscf0066_2
   
遠くに見えるのは、何のお山でしょう?
Dsc04044
    
「草津温泉湯畑」
Dscf0070
Dsc04245
     
   
天狗山ドッグラン」  スキー場の夏場利用。
1頭300円也。
Img_4367
Dsc04131
Dsc04136
Dsc04165
   
やっぱり、ランで遊んでいるのが1番楽しそうだねぇ。   
   
    
さてと、本日のお宿。
北軽井沢リーオ」 到着。
   
玄関側から。  
Dscf0078
    
窓側から。
Dscf0079
昨日のカゾラーレより、チョットせまいかな・・・。
お部屋にトイレはついているけど、
お風呂は大浴場。
   
ドッグラン。ここも、ウッドチップ。
走らないけど、自由がいいよね。
Img_4369
    
   
お散歩は、リーオ敷地内のみだそうな。
ここは、なんとかという、別荘地内にある施設。
別荘地内の敷地での散歩はご遠慮ください。だって。
「全長200メートルのお散歩道には、山あり・谷あり・小川あり。 」
ということで・・・。。。
コンナ感じのお散歩道。
Img_4377
   
    
こちらのの夕食は、洋食。
メインは肉or魚。
朝食は和食でした。 
Img_4384_2 Img_4387_2
Img_4389_2 Img_4390_2
Img_4391_2 Img_4392_2
Img_4393_2 Img_4396_2
   
朝起きたら、雨。(ρ_;)
今日は、帰るだけだから、まいっか。
Img_4408
    
浅間山の絶景ポイントも、すそのだけ・・・。   
Dscf0085
   
    
1日目に悲惨な状況に陥った「高坂SA」で休憩。
雨も上がり、さっきまでの涼しさはどこへやら。
あつ~~い!! (@Д@;
   
この後が大変だった・・・・・
平日の環八渋滞。。。。。
絶対、土曜日より混んでる!!
   
そして、帰宅したとたんの土砂降りの雨・・・・・。
   
でも、遊んでいるときには降られなかったから!
今回のお出かけは、成功!!ってことで happy01scissors
   
    
     
   

| | コメント (5) | トラックバック (0)

CASOLARE ~カゾラーレ~

今年の夏の旅行。
「涼しいところがいいよね。」ってことで決まった
軽井沢方面。

~1日目~
絶対渋滞するから!って、朝6:50に出発!
(それって、早い!っていいたいの?って声が聞こえてきそう・・・。)

やっぱりね・・・・
あいかわらずの環八の渋滞。。。(。>0<。)
わかっているんだけどね・・・・
どうにかならないのかしらんsign02

関越に乗ってからは、順調に流れ、「高坂SA」で一休み。
ここのドッグラン。
前は急斜面に作られていたけれど変更になって
下り線側のはじっこに。
平面で~す。
Img_4296
芝でも、草でも、ウッドチップでもない土。
でもまぁ、水場もあるしぜいたくは言えない。

さぁ、出発!!と、ここからが大変coldsweats02
PAの中から、車が出られない!!
とにかく、SA中の車が止まってる。。。。
本線の渋滞が高坂まで延びてきて、合流できない。
5:49に花園IC付近でバイクの単独事故。
10:30なのに、その事故処理に手間取ったらしく
渋滞が解消できない・・・。
なんで~~ pout

もう一度、SAに停めなおして車の波がひけるのを待つことに。
30分くらい待って、
SAから出る車列がなくなったので再度出発。

そして・・・・渋滞の中に突入なのだぁ・・・・。

    (#゚Д゚)y-~~イライラ

無事つきましたよ、中軽井沢。
ランチはリサーチしていたここ。
Img_4297
   「ミス・アナベラ」

玄関側から。
Dscf0017
Img_4303
お席から。天井が高く、奥行きのある店内。

Img_4310落ち着いた雰囲気。
北欧のグッズが
インテリアのように
並んでいて
買うこともできる。

お食事は
「アイリッシュシチュー」と
「モーツァルトの瞳」
(ポテトのグラタン)
ドリンクとフルーツがセット。
そして、
アップルパイ。

アイリッシュシチュー。
アイルランドの家庭料理。
シチューというより
スープっぽい。
赤くないボルシチみたい。。
Img_4315
Img_4314
Img_4309
Img_4316

    
渋滞のイライラが解消するくらい
のんびりしたランチがいただけましたね。
  

もうひとつ、行きたかったところ。
ハルニレテラス
Dsc03949

自然と共存しているモダン空間だそうな。
並んでいるショップをデッキでつないでいる。
ショップの前や、ところどころにテラス席が設けられていて
それぞれに、まったりと。

きっと、この木が「ハルニレ」なのでしょう。
Dscf0026

「ハルニレテラス」から「星のや」まで10分ほどの散歩道が。
Dscf0029

せせらぎと、森の木陰が涼をはこんできてくれる。
Dsc03962
Dsc03954
この奥の方に「宿泊者以外立ち入り禁止」の区画が・・。
そう、「星のや 軽井沢」です。 
土日だと、1泊1人素泊まり40000円のお値段は
庶民にとって高値の華でございます。
でも・・・・、1度は行ってみたいかも。。。。。

テラスに戻って、丸山珈琲のアイスコーヒーと
NAGAIFARMUのジェラード(日本酒風味)を
いただいて、休憩。

イタリアンとか、おそばとか、ワンと一緒に
食べられるテラスを持っているお店もあるようですよ。
う~~ん、もうちょっと、広いかと思っていた・・・。

   
本日のお宿は 「菅平カゾラーレ」。
そう、「カーロフォレスタ 菅平」ですよ。

ドッグラン。 カーロはウッドチップなのね。
Img_4347

    

君たちはここでチョット待ってて。
Img_4328

       
ゴミ箱とかはいたずらされないように、上に乗せて・・・
Img_4323

    
トイレのセットもして・・・。
(途中ですよ。あと、3枚。。。うちはワイド版8枚ですから。)
Img_4324

     
こっちが、ボクのベッドね。(ちがうから!)
Img_4327 Img_4326_2

アメニティセットには
歯ブラシ・シェイバー
コットン・ブラシが。

大量の荷物を
持ち込んでも
大丈夫くらいの広さ。

ここは、ユニットだけどバス・トイレ付。

       

    
Dscf0040 お食事は和食。
牛筋肉の煮込みスープ
(ビーフシチューのようだった。)
ソフトドリンク・ごはんは、
フりーで。

お肉は石焼きです。
  

Dscf0043_2 Img_4333_2
Dscf0041_2Img_4334
とても豪華なディナーではないけれど
おいしかったです~。
量も、普段食べなれているくらい。
ホテルの食事の量としては
やや少なめだけど、健康にはいいかな。

朝のお散歩での一こま。
ここはゲレンデですね。
ひろ~い広場。
向こうまで、そ・らたちを走らせてみたい   (*^ー゚)b

Img_4342

Img_4355_2朝食も和食。
ご飯とお味噌汁と
ドリンクが
フりー。

     

    

この春リーズナブルなお値段になったこのお宿。
お食事の量と、スタッフさんを減らしたのかな?
食事のときはシェフも、配膳にまわっていました。
今日は、お宿メインではないので、十分です。

   
さぁ、2日目。
出発です!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロン

ロン

平成7年8月1日がバースディ。
スピッツとポメラニアンのミックス。
毛がフワフワのかわいいわんこ。
04418

そして今日、ロンの旅立ち。

平成21年7月17日(金) 7時
14歳の誕生日まで、2週間。

ロンは両親にかわいがられていたワンコ。
3歳まで父に猫かわいがりにかわいがられ、
自分は「人間さ!」と、固く信じて疑わず成長。

最愛の父が他界後は、「犬なんて怖い!」けど、なぜか
ロンだけは大丈夫だった母に、またまたかわいがられ
王様のように生活。

Dscn0013

そして5年前、母の他界とともに私たちが主人になってしまった。

今までと違って、厳しい飼い主。
散歩は長いし、おやつもくれない。
そして、突然現われた、やせて、ピョンピョンするワンコ。
周りをピョコピョコするわ、毛はむしるわ。。。
多分そらっちはロンにとって「うざい」存在だっただろう。

でも、いっしょに散歩にも行ったし・・・・
Img_0021

ごはんも一緒に食べたし・・・・・
Img_0048
はじめは、ロンの食べるのが早くて、そらっちは
半分くらい奪われていたね。

こんな写真も撮りに行ったね。。。
P1050179

    
何とか仲良くならないかなって、期待したけど・・・。。。
Img_0032
Img_0072

これ以上の接近はなかったね。
自分以外のワンコが大嫌いのロンと、
いろんなものに興味津々のパピンコそらっちでは
仲良しこよしはむずかしかった・・・・。

ベタな言い回しだけれど・・・・・

きっと、虹の橋の下で待っていてくれた両親のもとに
駆け寄って、ダッコされて、頭なでられて
これ以上の幸せはないとばかりに
うれしそうにしっぽふっているんだろうな。。。。    
Photo

ロン。  安らかに。。。。。

| | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »