« 昭和の日 | トップページ | 木曽路はすべて・・・。 CAFE編 »

木曽路はすべて山の中である・・・。

ゴールデンウィークshine
なんたって、5日連続!!
お出かけしなくっちゃsign03
出かけたところは「木曽路」でございます。

我家のお出かけにつきものの
raintyphoonも、もちろんsnowもなく、すっきり、五月晴れsun
Dscf1042
道の駅「ふじおやま」で。

まぁ、渋滞rvcardashは、当然でしょう。
この時期で渋滞してなかったら、奇跡です。

お宿に着く前に立ち寄った「陣馬形山

ほんとにすばらしい絶景が目の前に~~!!
Dsc09633
逆光と、春霞(?)でみにくいけど、
中央アルプスから広がる伊那谷が、
まるで気球に乗って見ているかのように全部みえる~~!

後ろを振り返ると、南アルプスが・・・。
Dsc09645

こんな危ない道を30分も走ってきた甲斐がありました・・・confidentsweat02
Dscf1067

   

本日のお宿は、
築200年の古民家をリフォームしたという
民宿かわらしま」さん。
Img_3718_2

川を挟んで600坪のドッグランがあります。
この川では、イワナやらアマゴがつれるらしい・・・です。
Img_3719

誰もいなかったけれど、そ・ら兄弟 爆走でした。
Img_3721_2
(撮った写真がすべて、ぶれぶれになるくらい・・・。)
で、こんな、そらっち、らいちんをいじめるの図。

Img_3738_5

談話室になる
囲炉裏のあるお部屋。

黒光りする
太い梁や
柱に200年の
歴史を
感じます。

でもお部屋は
完全リフォーム。
多分、奥様の趣味?
ステキに
インテリアされてました。

  
食堂には薪ストーブ。
Img_3758 Img_3759

ただし、トイレ、洗面所、テレビなし!
携帯は圏外です。
Img_3736_2 Img_3737_2

 
Img_3747_3 Img_3752_2
Img_3753_2 Img_3755_2
Img_3763_2 Img_3769_2 Img_3819_2

お食事は、生産者の顔が
見えるものを!というこだわりで
豪華ではないけれど、
それぞれが丁寧に
つくられている気がします。

    

   
さてさて、今回のメイン。
中仙道を歩く!!です。
まぁ、馬籠から妻籠までですけどね・・・。
8km 3時間だそうです。
馬籠宿に車を置いて出発。
Dsc09665


馬籠の宿場はずーっと坂道。
観光客がたくさん、来てましたね。
宿場町だから当然だけど、お土産物やサンや
お茶処が並んでいます・・・・。
でも、ワンは無理だわね。
道が狭いのでテラスもないし・・・。
Dsc09699


馬籠峠までは上り坂。
曇りだったから少しは歩きやすかったけれど、
暑かったのからいちんは、口があいてました・・・dogsweat01
Dsc09719
Dsc09727

着いたぜ~~!! 馬籠峠。
Dsc09743

五平餅をねらう そらっちと、
落ちてる枝を拾おうとするらいちん。。。
Dsc09755

さぁさぁ、これからは下り坂ですよ。
Dsc09782

まさしく、木曽路はすべて山の中ですけど・・・
Dsc09767

まわりはすべて杉の木だった・・・・。。。
Dscf1075
多分、まだ、花粉を飛ばしている季節だったのでしょう。
このあと、大変なことになったははです。crying

   
残っていた石畳を整備しなおしたのでしょうか、
何箇所か、こんなんでしたよ。
Dsc09788

道筋にはこんな旅籠のなごり?
それとも、まだ民宿として運営中?なおうちが
何箇所も。。。   
Dsc09798

    
2時間半ほどで妻籠に到着。
完歩認定証をいただきました。
(自己申告200円で~す。)

やったね!!そらっち! らいちんこっち向いて!!
Dsc09810

妻籠宿も、しっかり整備されていました。
Dsc09803
    

まぁ、昔を知らないから雰囲気だけかもしれないけれど
お茶屋さんや、旅籠の店員さんが道行く旅人を
「いらっしゃ~い」とか呼び込んでいたんでしょうね。

   
ぶらぶら散策した後、
帰りまで歩く気はさらさらないので、
タクシーで馬籠に戻りました。

馬籠も妻籠もの昔からの町並みではないらしい。
「時代が変わり明治になり、鉄道や道路が新たに造られ、宿場としての機能を失った妻籠宿は衰退の一途をたどった。やがて昭和になり経済成長の中、江戸時代の宿場の姿を色濃く残している町並みが見直され、ここに全国に先駆けて保存運動が起こった。妻籠の人たちは町並みを守るために家や土地を『売らない・貸さない・壊さない』という3原則をつくり、ここで生活しながら、江戸時代の町並みという貴重な財産を後世に伝えている。」のだそうだ。

木曽路はすべて山の中・・・だから、こうして残っていけたんだろうな・・・と思った私です。「横浜Y150」たって、150年前のものなんか・・・あるんかしら??

    

そして、本日のお宿は前に泊まったことのある
八ヶ岳ワンワンパラダイス

さぁ、そ・らたち!!
ランですよ!! 存分に走りなさい。。。。
Dsc09822
Dsc09864
チョット走って、ちょっとガウガウして
あとは、うろうろしているだけの そ・ら兄弟でした・・・。。

今日のお部屋は寝室とリビングが分かれている
少し広めのお部屋。
Img_3821_2 Img_3822_2
トイレをどちらに設置しようか、迷ってしまったははです。

   
お食事はフルコースで、おなかいっぱいに。。。
Img_3826
Img_3828
Dscf1078
Img_3834
Img_3837
Img_3842

   
たまたま、お隣のテーブルにいたヨーキーご一家。
京都からというので、
「京都のお寺さんは、ワンOKですか?」と聞いてみました。
「だめだめ、関西は犬にやさしくない。
だからうちもこっちまで来る。この子達は、家族だから!
食事中に部屋に置いとくなんてできるわけない!」と
「そうですね。一緒に暮らしてはじめてわかりましたよ。」
などと、犬バカ談義でもりあがってしまいました。

さぁ、明日は帰ろう。。。。。

|

« 昭和の日 | トップページ | 木曽路はすべて・・・。 CAFE編 »

「旅行」カテゴリの記事

コメント

☆はる&心ママさま
GW天気が良かったのは、この3日間だけだったんだから!!
我家のrain家族疑惑は完全にはれたね!!

上手にモデルになってるって!?
まぁ、苦労してるのよね・・・coldsweats01
みらいもやっと、おやつで外でのマテができるようになったのよね。
オスワリはできないけど。。。
それでも、やっぱり、なかなかだわね。bearing

投稿: そらはは | 2009年5月 9日 (土) 16:30

(゚▽゚*)お久しぶり~
sun好くてよかったねsign01ホンとにいつも思うけど・・写真を上手に撮らせてくれるおりこうさん兄弟だこと(o^-^o)
腰は大丈夫sign02 お互い気をつけようねup こちらも妹来県で私も知らない本県を知ることができましたよ~ ところで実家もこのままだとちょっとヤバイ(゚ー゚;かな 安くても処分を考えたほうが・・・とも思いました

投稿: はる&心ママ | 2009年5月 7日 (木) 07:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66716/29464664

この記事へのトラックバック一覧です: 木曽路はすべて山の中である・・・。:

« 昭和の日 | トップページ | 木曽路はすべて・・・。 CAFE編 »