« 那須高原 | トップページ | お約束の雨模様 »

那須高原から会津・磐梯へ

オハヨー!
ヤッター、曇り! 今日はいいことありそうだ。

まぁ、まずはひとっ走り。 ヽ(*^。^*)ノ
Dsc06855_2

   
オリーブさん、お世話になりました。
P1080606

   
いざ、会津に向けて 出発。

走っていると、なにやら看板が。
「回顧の滝」「回顧の吊橋」と書いてある。
そして、遊歩道が。
こういうものを見ると行かなければいけない気になる・・・。
Dsc06893_2

回顧の滝。
約70mの落差を
持つこの滝は、
塩原十名瀑の1つに
数えられるそうです。
「金色夜叉」の中で
「・・・道有れば水有り、
水有れば必ず橋あり」
「回顧橋は三十尺の
飛瀑を踏みて、
山中の景は始めて希なり」と
ここを紹介しているんだって。

   

    
  
直径4cmのケーブルで支えられ、
体重55kgの人間360人分の
重量に耐えるという頑丈なものらしい。
Dsc06897

けっこうゆれて、なにやら変な気分。
そらも、不穏なものを感じたらしい。
そそくさと、渡っていた。 

   

    
本日のメイン。
大内宿

「大内宿は、江戸時代に栄えた宿場町。
街道の両脇には堀の水が流れ、
約30軒の萱葺き民家が建ち並び、
いまにも参勤交代が通りそうな雰囲気だ。
国の重要伝統的建造物群保存地区。」
というところだそうだ。
Dsc06912

駐車場満車!
係のおじさん腕で×作って「ダメダメ」
「あっちに停めても大丈夫だから!」と
路肩を指示していた。 なんじゃそれ・・・?
ちなみにP料金300円。

    
で、どうよ!この町並み!!
黄門様ご一行様が歩いているみたいでしょ。
Dsc06930

    
通りは、土の道。
アスファルトじゃないので、そらの足元の心配がない。
軒を並べているこの茅葺屋根のお家は、
ほとんどがお土産やさんか、お食事処。
P1080628 

    
道脇の堀の水で冷やした
トマトやら、桃やら、ラムネやら、キュウリの無人販売。
のどかだわねぇ。
「これ・・・トマトですか・・・?」 
そらのじゃないから!!  
P1080622

    
Dsc06943_3 
本日のランチ。
(2人分です。)
そばがき
きんつば(今川焼きだった。)
そば定食
(古代米のおいなりさん付き)

  

   
日本人はこういうものが食べたくなるのよねぇ。
おいしかった。

  
テラス席で、のんびり。
ワンがいなければ、お家の中の居間で。
この通りに並んでいるおうちは、
観光地になっているけれど
まだまだ住んでいるようです。
Dsc06944

    

さて、会津に向かいましょう。

鶴ヶ城。
「“鶴ケ城”の名称で親しまれている会津若松城は、
“戊辰の役”での白虎隊の悲劇などで余りにも有名な城であり、
また、その規模・威容は東日本有数の城郭でもあります。」
だそうです。

石垣がまだしっかり残っているし、
Dsc06981

お堀も水をたたえている。
P1080671

復元された天守閣。中は博物館。(モチ、ワンNG)

Dsc06965 

「荒城の月」のイメージの場所なんだそうだ。
P1080679

   
きれいに整備されて公園になっている。
桜やもみじの季節はさぞかしきれいだろう。

    
白虎隊で忘れてはいけないのが「飯盛山」

もしかして、あの階段登るのかな?
Dsc06982

   
そうです!登りましょ!
(お金を出せば、エスカレーターに乗ることができます。)
そら! メタボ撃退のためよ! 自分の足で登りましょ!
Dsc06987 

   
ここが「お城が燃えている!」の場所。
確かにお城が見えます。
写真ではわかりにくいけど。
P1080694   

戦争そのものが悲劇だけれど、
白虎隊の史実は悲しすぎるよね。

    

飯盛山を後にして、
五色沼近くにある本日のお宿。
ガストホフ 虹の詩」へ。    
 

降り始めた雨。着いてから本降りに。
よかった・・・・。

ここはペットホテル??
ペットを受け入れてくれているホテル??
ワン連れのお客さんがいない・・・。

って、お客さん2組だし・・・。
選択誤ったかな・・・? 不安がよぎる。

でも、やさしいオーナーさん。
予約した時、多分文字化け?
そらの犬種が『伽惘欷湍科掛爪』となっていた。
「なんていう犬種ですか?」
これでは、私にもわかりません。

ダイニング。天井が高く、落ち着いた雰囲気。
ワインがずらっ! ウィスキーがずらっ!
レストランみたい。
P1080705 

お食事は、フルコース。 ボリュームも結構ある。   
P1080714

P1080712

結果的に、良かったかな。
お部屋は、
ペンション並みの広さ。
(つまり、せまい・・・。)
DRもあるにはあるけど、
こちらもせまい。
多分、建ってずいぶん
経つんだと思うけれど
リニューアルしたのかな?
きれい。
ユニットだけれど
バス付き。
温泉だというので
大きいお風呂に
入ったけれど。
アメニティは、
人間用も、犬用もナシ!
(バスタオル、リンスインシャンプーはあり。)
まぁ、そんなものはもっていってるし。

なんてったて、リーズナブル。
ちょっとしたレストランの
お食事代くらいで泊まれてしまった。

|

« 那須高原 | トップページ | お約束の雨模様 »

「旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66716/7383318

この記事へのトラックバック一覧です: 那須高原から会津・磐梯へ:

« 那須高原 | トップページ | お約束の雨模様 »